代表メッセージ

Greeting

技術でお客さまの「困った」を解決

マルマエは、お客様が困っていることを技術的に解決してきたことで評価され業績を伸ばしてきました。

「技術で困ったを解決」といってもイメージが湧きづらいかもしれません。モノづくりの現場では、「思うように形にできない」という場面に度々出合います。お客様がモノづくりの壁にぶち当たって悩んでいるとき―私たちはお客様の『困りごと』を拾いあげ、「どうすればできるだろう」と考え、周囲の知を借り、創造力を働かせて課題を解決してきました。お客様の困りごとを解決することで私たちの技術は磨かれ、事業拡大に繋がっています。

私たちが提供できる社会価値
それは技術から生まれる

私たちは高度な技術が必要とされる「真空パーツ」を主に作っています。真空パーツは半導体製造装置やFPD(フラットパネルディスプレイ)製造装置の心臓部で使用される重要な部品で、真空状態を作るための高い精度や高電力に耐えられる耐久性等が求められます。これらの部品は、世界の製造装置メーカーへ届けられて組み立てられ、スマホ、パソコン・サーバー等に組み込まれる製品を日々生み出し、情報化社会を支えています。

苦労して身につけた技術
それは君の人生の武器になる

究極の技術を磨いていく道のりは決して平坦な道のりではありません。しかし、容易に身につけられるものは誰でもできるものであり、他者との差別化は難しい。自分のからだに刻み込まれた高度な技術は誰のものでもなく、あなたのもの。それは仕事を通じて会社や社会を支えると同時にあなたの職業人生を支える武器ともなるでしょう。

心配することはありません。
私を含め、社員一同、あなたの成長に寄り添っていきたいと思っています。

共にマルマエの未来を築いていこう

マルマエでは若手社員にも責任のある仕事を任せるようにしています。それは、個々の能力を最大限伸ばすためであると同時に、将来のマルマエを支えていくのは若手社員だからです。今のマルマエの成長を支えているのが数年前に入社した社員であるように、これから入社される方々とともにマルマエの未来を築いていきたいと思っています。

みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。

代表取締役 前田 俊一

求める人物像

情熱あるモノづくり

私たちが求める人材のなかで最も大事にしているもの、それは情熱をもってモノづくりができるのかどうかです。

社長の前田がよく言う言葉に『物の理(ことわり)』があります。本当に良いモノをつくるには、理(ことわり)を理解することが大事であるということ、経営理念の1番目『技術は究極を目指し』は、情熱をもってモノづくりをすることを一番大事にしているあらわれです。

協調と競争

マルマエには多くの部署があります、開発・R&D・生産管理・MC・量産・溶接・品質管理・仕上・検査・運輸など。

お互いの部署が協調しながら仕事を進めていけることもマルマエの自慢のひとつかもしれません。

仲間を大切し競争しながら成長していく、そんなことも大事にしていることの一つです。

採用担当 下舞 毅